夢や教育、人間形成の場を提供するために。

〜日本、アメリカ、そして世界への架け橋として〜

 

我々、サンディエゴ・パルセイロ・レディースは、ここサンディエゴを拠点に日本、アメリカ、世界を繋ぐ架け橋となり、女子サッカー選手へ夢や教育、人間形成の場を提供する事を目標に活動します。

クラブは2018年よりWOMEN'S PREMIER SOCCER LEAGUE (米国女子2部リーグ:WPSL) に所属し、現役女子大学アスリートを中心として編成され、活動しています。AC長野パルセイロとのクラブ提携を基盤に、今後の日本人女子選手の育成の場、アメリカ人選手のなでしこリーグ進出へのきっかけを創造します。

更に我々は、選手達のサッカー能力はもちろんのこと、選手の人間性に重きを置いています。サンディエゴ・パルセイロ・レディースは、未来を担う女子サッカー選手達が、アスリートとしてのみならず、一人の人間として自身の足で大地を踏みしめて歩いて行ける「人創り」を進めるプロジェクトです。

〜San Diego Sports Authority〜

 

サンディエゴ・パルセイロ・レディースのオーナーであるSan Diego Sports Authority (SDSA) は、運営母体である教育機関Y.E.S. ESL International Inc.のスポーツ事業部として2008年の設立より、アメリカ、日本でスポーツに従事する教育機会の創出と提供を進めてきました。スポーツの機会参加を通じて、学生スポーツ選手やプロスポーツ選手が自らの能力を伸ばし、それぞれの競技で活躍することのみならず、さらに先のレベルの環境にチャレンジできる、また競技を離れても一社会人としてグローバル社会の一員として活躍できる資質を備えた人間育成につながるスポーツ教育機会の提供を目的としています。 

 

SDSAのその他サッカー事業の詳細はこちら

〜サンディエゴゼストFC〜

 

サンディエゴ・パルセイロ・レディースはサンディエゴゼストFCの女子チームとして活動しています。

 

 米国唯一の日系資本チームとして

サンディエゴゼストFCは、日本全国の皆様のお力添えをいただき、活動を行っています。米国で1部MLSから4部USL PDLまでで200以上存在するチームの内、唯一の日系資本チームとして、志と使命を胸に運営に臨んでおり、若者達に「夢」を与え、日米の「架け橋」となることを、我々の使命としています。

 

 

プロのサッカー選手になるという夢を追いかける日米の若者達に、プロへと続く環境を提供します。ゆくゆくはサッカー界を率いる指導者や経営センスを持ち合わせた人間となり、社会に対して貢献できる、次世代の若者に夢を見せることができる人間を育てるべく、「人間教育」を軸としたチーム運営を行っています。

 

 架け橋

サンディエゴゼストFCは、アメリカで唯一、日系資本で運営されているサッカーチームです。ゼストFCはサッカーを通して日米の架け橋となるという使命を持ち、日本人選手の受入れやアメリカ人選手が日本でプレーする機会の創出を行っています。

 

サンディエゴゼストFC: 公式ウェブサイト

              日本語ウェブサイト

お問い合わせ

Note: Please fill out the fields marked with an asterisk.